バスでの飲食の注意

バス車内での飲食について

バス車内の飲食マナーについて

飲食マナーは時と場合によって変わりますが、乗り物を利用するなら守って損はないことがあります。食べ物を口の中に含んでから、会話しながら咀嚼することがないように心がけましょう。公共の場所としての役割がバスなどの乗り物にはあるので、飲食のマナーには特に気を配るべきです。咀嚼物が誰かに見られる食べ方を行えば、周囲を不快な気持ちにさせるのは時間の問題です。口をしっかり閉じて食べれば問題ありませんから、バスなどに乗車している最中には常に頭の片隅に置いていつでも注意できるよう配慮しましょう。車内の快適性は、乗客の一人ひとりが作り出します。

バス車内での飲食で避けたいこと

高速や観光バスでの飲食のマナーですが、いくつか基本的なことがあります。まずは、匂いの強いものは避けるようにしましょう。車内はある意味密室ですから、匂いの強いものは周囲の乗客の迷惑です。さらには、食べるときに大きな音を立てるようなものもあまり適当とは言えません。飲み物に関してはさほど問題はないでしょうが、お酒の飲みすぎには注意しましょう。一方で、高速や観光バスの場合、何も飲食するべきでないというのもまた極端な話です。食事もまた旅行の大きな楽しみの1つですから、マナーを守って周囲に迷惑をかけないようなものであれば別に問題はないと考えるべきでしょう。

快適バス乗車のための情報

新着情報

↑PAGE TOP